イオンモバイルの解約で泣いた話。MVNOを解約するときはみなさんも気をつけてください。

こんにちは!前のめり(@maenomelife)です!

 

今回は、情弱の失敗談です。笑いながら見てください(涙)

 

解約したはずの携帯料金が引かれていた

クレジットカードの請求情報はあまり細かくチェックしていないのですが、

 

 

なんと、半年前に解約したはずのイオンモバイルの請求が今だに来ていたことが判明。

 

訳がわからず、ネットで調べても分からなかったので問い合わせた所、驚きの事実が判明しました。

 

イオンモバイル未解約事件の経緯

事の発端は201712月。

 

その当時は別件でまた怒り狂っていて(後日記事にします)、auを即日解約、その場しのぎでイオンモバイルに契約をしました。

 

MVNOのメリットのひとつとして、複数のSIMを格安で持てることがあります。

 

私はこれまで、メインでauとサブでMVNOを使っていたので、これらをまとめるために、20GBのシェアプラン(音声回線にデータ回線SIM2つまで無料で追加できた)の計3枚のSIMを契約しました。

 

なお、以前はワイモバイルを契約しており、毎月14GBをメイン回線と追加の3つのSIMでそのデータをシェアしていました。

 

今回のイオンモバイルも同様の契約だと思い、2枚のSIMを追加発行しました。

 

そして、数ヶ月使った後にイオンモバイルから、ソフトバンクへMNPで転出をしました。

 

MNPしてもサブ回線は解約されないという罠

ソフトバンクへ転出して以来、イオンモバイルとはオサラバしたと信じ切っていました。

しかし、前述のように半年もたったある日、請求が続いていたことに気づいたのです。

 

実は、イオンモバイルには私が想定をしていなかった罠が仕組まれていたのです。

 

メインの音声回線をMNPで転出しても、データ専用の子回線は解約されません。

 

 

ちなみにこちらはイオンモバイルのMNPに関する表記です。

 

 

メイン回線を解約したらイオンモバイル自体が解約になるような表記に見えません??

これを見て、サブ回線が残るなんて思う方います??

 

 

しかも、MNP転出時の注意事項において、私の気づく範囲では注意喚起はありませんでした。

 

ちなみに、ワイモバイルは、親回線の解約で子回線も同時に解約してくれます。

ああ、もうワイモバイルは最高か。

 

 

 

更には、イオンモバイルからは音声契約を解約され、データ回線しか残っていなかったはずなのに、音声契約として高額な料金を請求され続けていました。

 

音声のSIMだけ解約されて、サブのデータ通信専用SIMに対して、継続して音声の請求をかけるとか鬼畜の所業ですまじで。

 

電話のお姉さんの説明も、「音声解約後、データもお客様自身で解約いただかないと、契約は形上は継続となってしまいます。」ですって。

それ説明になってないですから!

解約したのに継続とか、そんな嬉しくないボーナスタイムみたいなのいらないですから!!

 

はー。。

これはもう、搾取する気があるとしか思えません。

学び

今回の私の教訓は以下のとおり

 

  • イオンモバイルは2度と契約しない。
  • 子回線契約時は、解約に関する手続きを事前に確認しておく。

 

100歩譲ってデータ回線も自分で解約が必要だったことが規約のどこかにちーーさく書いてあったのであればそこは私の落ち度です。

しかし、音声解約されたのに、音声契約の料金で請求し続けたことに対して誠意ある回答をしなかったイオンモバイルに対して、私からの信用は地の底まで失墜しました。

 

金額にすれば、6ヶ月分で3万円強を無駄にしてしまいました

 

気づくの遅くね?って思われるかもしれませんが、

請求が「イオンレジ」という名前で来ていたため、どこかのイオンで買い物した分だとばっかり思い込んでおり、気づくのに時間を要してしまいました。

 

情弱と言われると、その通りです。

しかし、過去にはケータイ乞食として月に何台も契約するくらい携帯電話事情には精通していました。

それでも、このような罠にかかってしまったので、他にも同様の失敗をしてしまう方が必ずいるはずです。

 

気づいてからは後の祭りです。

オペレーターの方に文句を言ったところで、返金等の裁量は持ち合わせていないので、お互い嫌な思いをするだけです。

 

私は声を大にして皆さんに注意喚起をしたいと思います。

 

「イオンモバイル(他MVNO)解約時には、残りの契約がないか必ず確認しよう!」

 

というわけで愚痴記事でしたが、今はソフトバンクを快適に使用しています!

 

みなさんもシェアプランを契約する際は気をつけてくださいね!

 

それでは!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事