整体ってなぜこんなに高いの?先生に問い詰めたら東洋思想を学ぶことになった話

こんにちは!前のめり(@maenomelife)です!

 

最近肩こりが酷くて、PCをしてると腰はズキズキ、肩は張って激痛と凄く辛い状態が続いていました・・・。

 

おそらく理由はMacとカメラとモバイルバッテリーで5kg超えのカバンを日々持ち歩いていたこと・・

 

かなり辛かったので、生まれて初めて肩こりで病院に行くことを決心しました。

 

でも肩こりって初めてなのでどこで見てもらえばわからない、、

 

そんなわけでGoogle先生に教えてもらうと、肩こりには整体に行くのが良いみたいです。

 

整体って言葉はよく聞くので周りの人みんな行ってるようなイメージだったので、気軽な気持ちでいました。

 

しかし、近くの整体を調べてみると、、、

 

「1回7000円〜」

「初回3000円! ※2回目以降7500円〜

「全身コース10800円〜」

 

 

!!?

 

これエステとか高級マッサージとか美意識が高い人が行くやつですか!?

 

でも、何度見ても私が見ているのはただの整体院のHPです。

 

・・・でも、行かないことには先に進みません。

というわけで、近くの接骨院に通うことになったのですが、私はそこで新しいことを学ぶことができたのです。

 

なぜ整体は高いの?

整体に行ったことのある方であればご存知だと思いますが、整体は自由診療というものに分類され、肩こりや腰痛解消は医療行為ではないのです。

 

接骨院、整骨院という所は、柔道整復師という国家資格を持った方が行っており、ぎっくり腰や骨折、その他一部症状においては保険診療で安く受診できますが、肩こりにおいては、保険が効かないので高額となってしまいます。

 

では、この高額な施術費(治療費ではない)を支払って本当に私の体を改善してくれるの?

と凄く不安で、初回が半額キャンペーンを行っていた整骨院に行ってみました。

 

整骨院に行ってみると、内装もきれいで、いかにも儲かってそうな雰囲気。

はい、凄く偏見だらけでしたw

 

そして、先生が私を見るやいなや、

「前のめりさんは、○○と○○と○○が良くないですね。体調悪いでしょー。」

 

えっっ、ここは占いの館ですか?オカルトですか?

 

もう、すっごい不安です。。

 

そして、言われるがままに体を動かし、首や背中を軽く押され、あっさりその日は終了の雰囲気、

 

いやいやいや!これで7000円(半額だけど)はボッタクリでしょ!!!

 

私はこれに本当に支払う価値があるのか疑問になってしまい、防衛本能が働き始めましたw

 

「今後の治療のマイルストーンは?」

「施術費の算出根拠は?」

「治療の医学的根拠は?」

「施術によってどのような結果にコミットry」

 

はい、もう最悪な患者だったと思いますw

 

しかし、先生の考えにはしっかりとした軸があり(失礼な話ですよね)、私のくだらない質問にも一切ブレずに真摯に答えてくださいました。

そして、先生の話を聞いて、だんだん面白い世界が見えてきたのです。

 

先生を30分程質問攻めにした結果、私はすっきりした顔をして、気持ちよく支払いこの整骨院を後にしていましたw

 

整体は東洋医学だった

まずは、整体というものについて教えてもらいました。

 

整体は「東洋医学」に基づき、その他様々な知識を融合し、行っているということでした。

 

私は東洋医学というものを全く知りませんでした。

 

現在日本に根付いている医療は、主には西洋医学で、明治時代に積極的に受け入れられたものです。

 

西洋医学の根本的考えは客観的に示すことのできる物的物質を証拠とし、投薬によって病を治療する手法です。

例えば、西洋医学では、インフルエンザにかかるとウィルスを検出し、投薬によってウィルスと対抗し、解熱し治療します。

 

一方の東洋医学といものは、気、血、水という三つの要素が体内を巡っているとされています。そして、五行(五臓)と呼ばれる臓器を巡る流れのバランスを整えることで、体の調子を整えたり免疫力を高める医療です。

 

鍼、灸、按摩、漢方などが主な治療法です。

 

そのため、西洋医学の投薬のように速やかに病気に直接的に作用するものではありませんが、心身ともに強く保ち、病気を寄せ付けず、また持病は快方に向かうことができると言われています。

 

と、正直これを聞いて、なるほど!と、腑に落とすことができる人はいないと思いますw

これだけ聞くと東洋医学はオカルトのようで嘘くさく感じるのが普通だと思います。

 

しかし、その一方で、日本人にも根付いた東洋医学があるのも事実です。

 

眠い時や鼻が詰まった時にツボを押すこともあれば、漢方薬を選んで飲むこともありますよね。

 

根拠は完全にはまだ解明されてないし、効果テキメンってわけではないけど何故か効く。私はそんなイメージを持っています。

 

日本では、西洋医学を基準に医療制度が作られたため、腰や肩の痛みなど、具体的外傷や感染症などの要因でない、身体の不調は病気として認められず、それを改善する東洋医学には高額な医療費が必要となってしまっているということです。

 

日本人は東洋思想を見つめ直すべき

では、なぜ東洋医療が肩身が狭いかといえば、私は単純に、グローバルスタンダードではないからだと思います。

 

しかし、最近では科学の世界でも、東洋医療の理論が自然界の法則と一致しているのではないかと気づかれてきているようなのです。

 

なんと、現代ではオカルトではないかと思われる、東洋医学では当たり前に登場する「気」という概念が、量子力学の世界の法則と一致するということが分かってきています。

 

詳しくは、「東洋医学 量子力学」等で調べるとたくさんでてきますが、この事例は経験則から導き出されてきた東洋医学があながち間違っていないという証明になるのです。

 

そして、これはこれまで世界を支配してきた西洋的思想よりも、東洋的思想のほうが真理への近道ではないのかと、私は思わずにはいられません。

 

色々な見方がありますが、一般的には、

西洋的思想=個人視点

東洋的思想=自然視点

といえます。

 

西洋ではキリスト教をはじめとした神が絶対的存在にあり、その下に自分という個人が存在しています。

そのため、他人との関係には正誤を導き出す議論や理論が重要になってきます。

 

一方で、東洋では神のような絶対的存在は存在せずに、すべてが相対的に共存しています。そのため、自身も個人であると同時に自然の一部であり、集団性を持ち合わせています

 

私は日本で生まれ育ち日本の文化しか知りません。そのため、自分の立ち位置や他の国の人達の考え方なんかを知りたいので、海外旅行に行っています。

 

今の日本は、全員で正にこのデフレの時代を耐え難きを耐えている状態です。

沈みゆく船に日本人全員で乗っているなんて揶揄されることもありますが、これも東洋的思想によるものだと思います。

 

しかし、今では積極的に西洋文化も取り入れられ、そういった日本の良さが失われているのではないでしょうか。

 

私達は自分たちの文化には存在していない、クリスマス、イースター、ハロウィーンを楽しめる柔軟性を持ち合わせていますが、その一方で、隣のお宅におかずをおすそ分けするような、古き良き文化も守っていくべきだと思います。

 

というのも、今、海外のエリートたちは東洋的思想を積極的に学んでいるそうなのです。

 

アメリカのシリコンバレーで生まれた、UberやAirbnbなどのシェアリングエコノミーも、彼らが東洋思想を学んで受けたインスピレーションからできたと言われていますし、ブロックチェーンの世界でもシェアの輪は広がってきています。

 

今後、世界には急速に東洋的思想が台頭してくると思われます。

それは私達東洋人の時代が来るといっても過言ではありません。

彼らはこれから学ばなければいけない文化を、私達は既に生まれ育った中で感性として身につけているんです。

 

こんなラッキーな時代に生まれた私達は、東洋的思想の文化を全面に押し出したサービスをたくさん生み出して世界を変えていくなんて素敵だな〜♪

なんて、妄想しながら病院を後にしたのでした!

 

でも、いまこれは中国の人が頑張っちゃってるんですよねー。頑張ろう、日本人!

 

最後に、整体は理論はありつつも、やはり経験がものを言う世界だということが想像できます。

一般的には専門学校に行けば開業できるようですが、Googleの口コミやHPでの先生の自己紹介等を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

哲学については知識も乏しく、バーっと書いてるので間違いがあるかもしれません。

随時加筆修正したいと思いますので、ご指摘いただければ嬉しいです。

 

それでは!


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事