海外旅行用にキャリーバッグ を買おうとしてる方ちょっと待って!実際に2週間の旅行で使って分かった、サムソナイトのコスモライトに絶対にしたほうがいいと思う理由。

こんにちは!前のめり(@maenomelife)です!

これから新婚旅行、海外旅行に行くよって方、長期滞在用のキャリーバッグ選びに悩んでいませんか?

 

私はマイルを貯めているので、年に2回程度は海外旅行に行っています。

なので、キャリーバッグはこれまでも夫婦合わせて4個持っていました。

 

しかし、今年の頭に行った新婚旅行の際に1週間以上(今回は2週間)の長期間の旅行は経験がなく、悩みに悩んでいろいろなお店を回ったりして、初めて大きな「158cm以内サイズ」のキャリーバッグを2つ買いました。

 

そのうちのひとつ、左のものが今回紹介するバッグなのですが、これが大当たりでした。

 

本当に良いキャリーバッグだと思うんですけど、旅行をしているとこれを使っている方はそんなに見ることがないんですよね。

普段から旅行によく行く私が、本当に買ってよかったと思えたキャリーバッグなので、みなさんにも使っていただきたいなと思い、ご紹介したいと思います。

 

サムソナイト・コスモライト

コスモライトはサムソナイトから販売されているハイエンドキャリーバッグ(スーツケース)です。

 

正直これを買うまでは、大きいキャリーなんてどうせ一度しか使わないだろうし安価な物かレンタルでいいかなーなんて考えていました。

しかし、実際にこのキャリーバッグを買ってからは、夫婦での旅行をコレ1個にしたり、帰省の時に使ったりと、大活躍しており本当に買ってよかったと思っています。

 

先に言っておくと、価格もハンズや、アウトレットで買う国産のものと比較しても殆ど変わりない値段で購入することができます。

私が気に入っているポイントを挙げていきます。

 

魅力その1:圧倒的に軽い

このキャリーバッグの最も大きな特徴は、名前の通り圧倒的な軽さです。

私が買ったのは、「スピナー75」という3辺の合計サイズが157cmの大型のものです。

 

一般的に航空機は受け付ける荷物の規定があり、例としてANAでは3辺の合計サイズが158cm以下、重量がエコノミーで23kg以下、ビジネス以上で32kg以下となっていますので、無料で預けられるギリギリのサイズということになります。

 

今回、このコスモライトと同時に購入したのは、国内メーカーaceの同サイズのキャリーバッグです。

 

外観サイズは同じくらい。なんなら高さはコスモライトのほうが低そうです。

 

この2つの重量を比較してみます。

まずはaceのキャリー。

重量は4.86kg

流石にこの大きさだと、片手でもつと結構ずっしり来る重さです。

 

そして、こちらが、コスモライト。

重量はなんと2.66kg!

 

重量にしてみれば、たったの2kgちょっとかと思うかもしれませんが、手にしてみると体感するその軽さは本当に驚くほどです。

2Lペットボトル1本分違うので、何かと持ち運びの時に体への負担が減るのは明らかに分かります。

 

私が一番有り難かったのは、このキャリーバッグのおかげで、預け入れ荷物が23kgギリギリで1個にまとめて預け入れることができたことがあったことです。

 

旅行をしてると、つい良いものがあって欲しいなって思うことあると思うんです。 

しかし3泊くらいの海外旅行なら、夫婦でこれ1個で行けば、帰りにお土産を入れて持って帰ってくることも余裕です。

 

キャリーバッグを複数引いたり、ここにもうひとつ肩掛けかばんを持つのはかなり移動の負担になります。男性の方なら、女性にはできるだけ荷物を持たせたくはありませんよね。

キャリーバッグ自体が軽いのは本当に魅力的だということを、使うごとに実感しています。

 

魅力その2:転がりも軽い

コスモライトは軽量化の為にあらゆるパーツが徹底的に軽く作られています。

その為、普通このクラスになるとホイールがダブルキャスターのものが多いのですが、このコスモライトはシングルキャスターになっています。

 

 通常であれば、ダブルキャスターの方が走行性が高いと言われていますが、このキャスターはそんじょそこらのキャスターではないようです。

もう、とにかく押すのが軽いんです!すーいすいです。

 

こちらが、aceの通常のダブルキャスター。堅牢性がありしっかりしていると思います。

 

そして、こちらが、コスモライトのキャスター。(ピントズレ記事書きながら気づきました・・すみません。。)

まるで、車のホイールかのように、中抜きもされた美しいキャスターです。

 

このキャスターが押しの軽さだけでなく、静寂性も備えています。

 

特に海外の空港は大きい所も多く、荷物を持ちながら彷徨う事はよくあります(笑)

そんな時に重たい荷物は本当に鬱陶しく感じるので、押すのが軽いと本当に楽に感じます。

 

2つのバッグを比較したからこそ分かる魅力で、この押しの軽さや静かさを味わってしまうと、正直aceの出番はあまりありません...笑

押す移動が長いのは海外旅行だけでなく、電車移動の多い国内旅行や帰省時にも非常に助かります。

 

魅力その3:サイズあたりの容量が多い

このコスモライトは徹底的な軽量化の賜物で、同じサイズでも中に入れることができる容量が非常に多くなっています。

同じサイズのaceの中身はこんな感じ。

容量は81Lです。

 

一方こちらがコスモライトのバッグの中身です。

徹底的に肉抜きされていて、ホイール近辺や、ハンドル部も極限まで荷物スペースになっていることが分かります。

この結果同じサイズにもかかわらず、94Lもの容量を達成しています。

 

aceは、約5kgで容量81L。

一方のコスモライトは約2.5kgという軽さで94L。

もう圧倒的ですよね...

 

キャリーバッグの容量は、1泊につき10Lが目安とされています。

つまり、5泊で50L、6泊では60L程度。

そのため、このバッグだと7泊〜の目安ですが、特に冬は衣類が嵩張りますし、お土産や記念品を買うことも考えると私は正直これだと足りない印象です。

 

また、長期旅行の場合には殆どの方はホテルを何箇所か移動されると思います。

実際に行くと分かるのが、自宅から行くときは綺麗にパッキングできるのですが、滞在中の移動時にわざわざ綺麗に詰め直すのは本当に面倒です。

 

そのため、この余裕のある容量は物凄く有り難いですし、仮に少し手に余るという場合には、普通のバッグでは158cmサイズが必要なところ、コスモライトだともうひと回り小さいものを選ぶこともできます。

 

何度も書きますが、夫婦2人であればこのサイズが3泊位のアジア旅行にちょうどいいサイズなので、長期滞在じゃなくても非常に使いやすい大きさだと感じています。

家族で2個持ち歩くよりは、荷物が1つにまとまっていた方がタクシー等での移動も楽です。 

 

魅力その4:耐久性が高い

みなさんも御存知の通り、特に海外ではバゲッジは手荒に扱われる傾向にあります。

機内積み込みは、ポイポイ投げ入れられますし、海外の空港のターンテーブルとか、物凄い高い所から急勾配で落ちてくるところもよくありますw

 

このコスモライトは"Curv"という素材が用いられており、原型を留めないほどに踏み潰されても、元の形に何の問題もなく戻るそうです。

流石に潰したりすることはできないので検証の使用がありませんが、確かに触った感じは、柔らかいですが、潰れで衝撃を吸収してくれそうですし、表面もまるで全てを受け流すようにスベスベしていて、傷にも強そうです。

 

勿論TSAロック付き。

 

私はまだ、購入して1年なので、経年の耐久性は分からないのですが、航空機は手荒な海外便で10回以上、その他クルーズ船や国内移動でも10回程度使用しています。

そういった中での判断にはなりますが、明らかに優れていると感じるのが、ハンドルです。

 

通常のキャリーバッグはアームが2本伸びていると思いますが、コスモライトはこのように軽量化の為に1本になっています。

普通に考えれば1本だと剛性が低く、引く時にたわんでしまいそうですが、この1本ハンドルは全くそんな気配はありません。

 

このように、斜めに持ち上げても、全くたわむ様子がありません。

本来はよくないのでしょうが、私は面倒で、たまにこのハンドルを持ったまま持ち上げて階段の昇降をしてしまったりします。

 

上にキャリーバッグ用のサブバッグを載せていることもあるので、どうしても持ち手がつかめないのです。。

しかし、このように手荒に扱っていてもハンドルの接合部も全くぐらついてくる様子がなく、未だに一切の劣化は感じられません。

 

安物のキャリーはキャスターとハンドルがすぐ壊れるので、本当に作りが良いのだと感じます。

 

魅力その5:デザインがかわいい

 

かわいくないですか?え、関係ないって?

いやいや、全くそんな事はありません。

 

このコスモライトは、強固な貝殻をイメージしてシェル型にデザインされています。

男性でも女性でも使いやすいデザインじゃないでしょうか。

 

家のインテリアも貝殻型のアクセサリー入れとか、置きがちじゃないですか?(我が家にはあります・・・)

見た目の好き嫌いは兎も角、他にはないデザインと、素材感ですので結構遠くからでも自分の荷物がすぐ分かります。

自分の荷物が来た時の安心感は、かなり大きいです。遠くからでも、誰かが間違って持っていかないかすぐ分かります。

 

ただ、やはりサムソナイトなので、ユーザーはそれなりに多いと思われます。(実際に同じターンテーブルで見たのは1,2回程度ですが)

ハンドルにタグシールを貼れるようになっていますが、念の為私はラゲッジタグを着けています。

 

最後の魅力:価格

このキャリー実は定価では、82,500円もします。実際、デパートなんかではこの値段で並んでいます。

また、コスモライトはサムソナイトのアウトレットショップには殆ど並びませんし、あってもせいぜい10%とか20%引きです。

まぁ、これだけ高機能ならしょうが無いよね。。。とはならないんです。

 

実は下記リンクのように、並行輸入品を購入すれば半額以下の3万円で購入できるんです。

そして、保証も1年付き。

楽天のポイントを回してる方や、ヤフーショッピングでソフトバンク方であれば、ポイントを加味すれば、実質2.4万円程度で購入できてしまいます。。。

 

 

もう破格すぎません?私が買ったaceより安いんですけど???

 

いや、もうこれ買うしかないでしょ!!

もし、今この情報があったならば、私は絶対2個ともコスモライトにしていました。。。

 

ビジネスマンの方や、男性の方はリモワなんかも人気がありますが、プライベートの旅ではやっぱり軽くて使いやすくてたくさん入るキャリーバッグが理想なんじゃないかな、と思います。

 

キャリーバッグに悩んでいたら、私はサムソナイトのコスモライトに決まりだと思います!

 

合わせて欲しいもの

ラゲッジタグ

 

ラゲッジスケール

 

その他のサイズもどうぞ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事