東京のGO TO対象外に負けるな!JRホテルの実施する都民割でお得に東京ステーションホテルに宿泊してきました。

こんにちは!前のめり(@maenomelife)です!

久々の旅行ネタです。

 

皆さんご存知の通り、観光業界が窮地に立たされています。

鳴り物入りで始まったGO TOトラベルキャンペーンですが、東京都民と都内の観光については対象外。

しかしながら、観光客の激減による損失は東京だって同じです。

 

そんな中、一部のホテルでは独自に都民を対象にしたキャンペーンを実施しています。

ようやく生まれた子も落ち着いて少しずつ外に出られるようになってきたので、今回はJR東日本ホテルズ(日本ホテル)の実施する都民割を利用して、人の少ない平日に家から近い東京ステーションホテルに宿泊してきました。

 

JR東日本ホテルズの都民割

都民限定トク割プランは、都民を対象にJRホテルを大変オトクに宿泊できるプランです。

 

特典はというと、

  1. 正規/通常料金より50%以上の割引
  2. 無料朝食付き
  3. 5000円のホテル利用券

と、考えられないほどの非常にお得な特典となっています!

 

対象ホテルは、

  • 東京ステーションホテル
  • メズム東京、オートグラフ コレクション
  • メトロポリタンホテルズ都内3ホテル[池袋・エドモント(飯田橋)・丸の内]
  • JR東日本ホテルメッツ 都内11ホテル[渋谷・目白・田端・秋葉原・五反田・高円寺・武蔵境・国分寺・立川・赤羽・東京ベイ新木場]

と、超高級な東京ステーションホテルや、今年オープンしたばかりのラグジュアリーホテルメズム東京も対象になっています。

対象期間等詳しくは下記を御覧ください。

https://www.jre-hotels.jp/special/tokyo/be-strong-tokyo.html

 

公式からの予約よりも、ヤフートラベルや楽天トラベル経由での予約がおすすめです! 

 

楽天をよく利用する方なら、楽天トラベル利用でSPUが更に1%アップになります。

 

ヤフートラベルは5のつく日や日曜日の予約では、なんと9%も割引になります。(一部対象外プランあり)

 

ジュニアスイートルームへ宿泊

上記の通り通常予約の50%以上の割引を受けられるので、正直ホテルの儲けは殆どないはず・・・。

ということで、ホテルにとっても良いお部屋の方が嬉しいかと思い、ジュニアスイートルームを選択しました。

 

今回は都民割の紹介なので、気合を入れたレビューは他に譲るとして簡単に施設とお部屋のご紹介〜。

 


宿泊した夜は満月が綺麗でした。

まずなんといってもこのホテルの最大の魅力は、東京駅の中にあるということ!

というよりも、東京駅の見える大部分はホテルスペースになっています。

東京駅がホテルだなんて意外と知らない方も多いのでは!?

 

観光客の方がよく写真を撮る、皇居側からみた東京駅にその入口はあります。

 

東京ステーションホテルは、スモールラグジュアリーホテルズに加入しています。

これはその名の通り、小規模で高級なホテルの証ですから、ゆっくりくつろげる期待が高まります!

 

ここからホテル内に入ってチェックインを済ませて、いよいよ客室へ。。

 

おお〜〜。めちゃくちゃ広い!

そして、シャンデリアがラグジュアリー。

 

この超一等地にも関わらず、広さはなんと58㎡もあります。。

普通のホテルは20㎡、広いところでも40㎡くらいです。流石ジュニアスイート。

 

ベッドはキングを選択しました。別途子ども用にベビーベッドも設置いただきました。

ベッド横には大きな窓があります。

 

 

部屋の奥にもリビングルームがあり、ソファとテレビ、窓があります。

 

今回は外が見える部屋を選んだので、窓からは東京駅の丸の内(皇居側)が見えます。

人少ないです。。

 

夜は皇居へとライトが灯り、とても素敵な夜景が見られます。 

 

アメニティはブルガリです。うーんラグジュアリー。

 

館内探索も魅力

東京ステーションホテルは、館内にいくつか探索ポイントがあります。

東京駅といえば、この丸の内側のドームがとても印象的ですよね。

しかしホテル宿泊者はこの景色をなんと、

 

上から見ることが出きます。

また、ドームビューのお部屋は、この景色を自分の客室から見ることができます。

 

仕事帰りのサラリーマンを暫く眺めました。笑

 

東京駅といえば赤レンガ。

駅舎の外側もですが、内側からも見られる場所があります。

これは館内のトラヤカフェの壁です。

 

その他にもいくつかの探索スポットがありますので、宿泊された方はぜひ色々探してみてください。

 

夕食は丸の内の高級店でテイクアウト

夕食は丸の内近辺でテイクアウト。

 

実はこれのためにこのホテルを選んだといっても過言ではなかったり。笑

私は、ウルフギャング・ステーキハウス丸の内店のお弁当を注文しました。

 

飲食業界もこのコロナで窮地に立たされているといいますから、少しでも貢献できれば・・。

 

ステーキハウスはドレスコードもあり2時間程の時間をかけてゆっくり食事をするところですので、新生児を抱える我が家では諦めざるを得ません。

しかし、テイクアウトをすればレストランから近いこのホテルなら温かいままお部屋で食べれるので、子連れにとって非常にありがたい!

 

プライムリブサンドと、リブアイステーキ弁当。2つあわせても1万円以下。

ステーキ1枚2万円のお店ですから、安価で気軽に楽しめるテイクアウトはすごく良かったです。

これもこんなご時世ならではですね。

 

朝食はとにかく豪華!

朝食は4FLのアトリウムでのビュッフェ形式です。

 

8時前後の人気の時間帯も、人はものすごく少ないです。

 

ビュッフェといっても、全品小皿に盛られ、使い捨ての蓋が載せられています。

オーダー系も、注文するとすべてテーブルに持ってきていただけます。

 

また、カトラリーも最近流行り?の使い捨てプラ製のもので極力接触のないよう配慮がされています。

相当コストかかるだろうなぁ。。

 

メニューは、正直想像を遥かに超えるレベル・・・。

どの品も料理のクオリティが高く、また素材もすごい。

 


写真気合入ってなくてすみません・・・。

和牛のステーキ、いくら、うなぎ、トロのお刺し身すべて食べ放題です。

正直ここまで豪華な朝食ビュッフェは初めての体験でした。

 

個人的に感動したのは、江戸から伝わる?雪消飯(ゆきげめし)

ご飯におだしと豆腐と大根おろしが入った質素なものですが、あまりの美味しさに感動・・・。

 

また、スイーツも格別の美味しさでした。

メロンは上級なものが好きなだけ食べられますし、メロンのショートケーキは絶妙な甘さとコクが口の中で溶けて美味しかったです・・・。

 

ビュッフェでこのレベルの料理は、、、リッツカールトンよりはるかに上です。。

 

5000円券でラウンジでのんびり

というわけで、のんびりくつろいでチェックアウト。

しかし、その後にもお楽しみが。

 

頂いた5000円券で、ロビーラウンジでお茶を頂きました。

お茶やスイーツの種類は控えめですが、どれも質が高く非常に美味しいです。

 

ここのラウンジはコロナ以前はすごく並ぶ人気な場所でしたが、今は全く並ばず入ることができました。

帰りにベッジュマン&バートンのオリジナルティーを購入して帰りました。

 

ホテルはコロナ対策が徹底されて安全な場所

今回は、およそ半年ぶりのホテル宿泊となりましたが、今までのステイとは全く状況が変わっていました。

 

この東京ステーションホテルは非常に徹底した頃な対策を実施しています。

入館時の消毒や検温はもちろんのこと、レストランでは料理に飛沫がかかることも他の方と同じものを触れることはありませんし、ソーシャルディスタンスも徹底されています。

 

宿泊客はほぼいません。手前の2つの連続した明かりは私達の部屋です。

 

ホテルにとっては莫大な対策費がかかっていることは容易に想像できるうえ、宿泊客も非常に少なく、まさに八方塞がりの状況です。

 

今回の旅行は、ホテルまでの経路も平日の通勤時間を避けなるべく人と接触しないよう注意しました。

コロナ対策はどこまで実施するかは意見が割れるところですが、私の主観ではこの環境でホテル宿泊をしてウィルスをもらうリスクは非常に低いと思います。

 

こんな時期ですから、都民でもお得なプランがいくつかでていますし、ホテル側にとっても空室を少しでも減らしたいという思いがあると思いますので、コロナ自粛の気分転換に都民のかたも是非感染症対策を徹底して、ホテルに滞在、「ステイケーション」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事