カメラのレンズは投資です!前のめり流カメラのレンズを安く買う為のノウハウを紹介します!

こんにちは!前のめり(@maenomelife)です!

 

カメラのレンズって高いですよね!?

 

レンズ沼に住んでる皆さんであれば、同意いただけると思うんですが、私も御多分に洩れずこれまで100本近くのレンズを買い替えてきました

 

今回はその経験を基に、現在使っている最も安くカメラのレンズを購入する方法をご紹介したいと思います。

 

余計なものは一切書きません!

 

その1:マップカメラの中古夜市

 

はじめにご紹介するのは、中古夜市です。

これは、マップカメラで不定期に夜の20:30から開催されるゲリラセールです!

 

とにかく突き抜けて安いです!

 

値付けルールはあるのですが、ライカのレンズで普段の売価から40%引きなんてのも当たり前!

 

下記は記事執筆のために、適当にスクショをしてみたものです。

 

右のズミクロンは30%強の値引率になっています。

ただし、欲しいレンズが対象になるかは運次第です!

欲しいものリストをうまく活用しましょう。

 

マップカメラの中古夜市は、お店なのに、個人売買のヤフオクより普通に安いんです。

前回私が買ったレンズ、フォクトレンダーのNOKTON Classic 35mm F1.4というレンズ

 

ヤフオクでは4万円強で取引されています。

しかし、夜市では・・・

 

 

なんと35800円で購入できました。

(実際はポイントがあったので30000円強でした♪)

 

マップカメラは検品がしっかり行われていますから、ヤフオクと違って買ったらクモリ玉だった!なんてこともありません。

 

ですから、初心者の方はマップカメラがオススメです!

 

ただし、マップカメラはオールドレンズについては、ややプレミアが付いていて割高です。

そのため、新しいレンズのほうが比較的安く買うことができるでしょう。

 

注意点として、たまに定価を吊り上げてあたかも安いと見せかけているものもあるので注意してください。

 

その2:フリマアプリ

それは、メルカリとラクマの2つのフリマアプリです。

このポイントはフリマということです。

 

ヤフオクはオークションのため、必ず適正価格まで上がってしまいます。

しかし、フリマについては出品者が設定した価格にて取引ができますので、うまく利用すれば非常にお得に買い物ができるのです。

 

ポイントは4つ!

ポイント1 価格交渉を有効に利用しよう!

フリマアプリのメリットのひとつとして価格交渉がしやすいことがあります。

メルカリはカメラカテゴリであれば、公式価格交渉機能であるオファーも利用できます。

 

相手は、家族の物を出品している知識のあまりない方かもしれませんし、急いでお金が欲しい方かもしれません。

カメラレンズは資産価値がある特性上、換金目的の方も少なくないので、ヤフオクやマップカメラで相場を勉強しておくことが重要です。

 

ポイント2 クーポンを活用しよう!

 

メルカリ・ラクマともに戦略的理由により時折このようなクーポンを配布することがあります。

レンズで5%というのはバカになりませんので、有効に活用しましょう。

例えば20万円のレンズを購入した場合には、1万円もお得に購入することができます。

 

ポイント3 ラクマを活用しよう!

出品者の目線で考えると、メルカリは手数料10%であるのに対し、ラクマはその数分の1で利用が可能です。

そのため、出品者目線で考えれば、ラクマで売ったほうが手元に入るお金が大きいわけです。

 

メルカリでいい商品を見つけても、ラクマで同じ方が出品しているかもしれないので必ず確認しましょう。

ラクマ側のほうが出品手数料が少ないので、間違いなくメルカリ以下で商品を譲ってもらうことができます。

 

ポイント4 フリマアラートを活用しよう!

フリマ市場は争奪戦です。それはもう無慈悲な。

 

あまりこういう事を言うのは不謹慎かもしれませんが、例えば整理品で出てきたカメラを出品している人はカメラの事は全くわからないわけです。

カメラというのは似たようなものがたくさんあって、興味のない方にとっては値付けが非常に難しいわけです。

 

そのため、状態がいいにも関わらず破格の値段で売りに出されることがカメラカテゴリにおいては少なからずあります。

フリマアラートのアプリを利用することで、キーワードを指定しておけば出品された際にリアルタイムで知ることが可能になります。

 

 

上記のような特性から、フリマではオールドレンズのタマ数が圧倒的に多いのが特徴です。

そのため、オールドレンズを探す時には是非活用したいのですが、しかし、売り側は素人ですから、ハズレを掴まされる可能性もそれなりに高いのです。

それでも、お得に買うことを心がければ、仮に状態が悪くても、ヤフオクでほぼ買値で売却することが可能なのです。

 

まとめ

これまで私は、新宿、銀座の中古カメラショップや、ハードオフのようなお店も大量に回ってきました。

そして、現在私が最もお得にレンズを購入できると思っている方法が今回ご紹介した二通りです。

 

しかし、カメラのボディについては、フリマサイトは利用しないほうがいいです。

レンズと違ってカメラは故障箇所が多いです。特にデジタルカメラは、消耗品ですから、保証が付属するマップカメラで購入するのがベストな選択肢です。

 

ちなみに、レンズを売却する時には、私はヤフオクとラクマを主に利用しています。

理由は、上記で述べたとおりです。

 

上記を参考にしていただき、みなさんもお得にレンズを購入してください!

レンズは資産価値の高い商品ですから、価格も安定しておりかつ流動性も高いです。

買値と同等かそれ以上で売れることも少なくありませんので、みなさんも積極的に購入しましょう!

 

レンズ沼へ レッツゴー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事