写真作品を作ろう。写真フレームの選び方と額装方法。

こんにちは!前のめり(@maenomelife)です!

写真作品とはなにか考えて、そして高額なプリンターを購入し1枚300円もする高価な写真用紙にプリントした作品が手元にあるならば、もう額装しない手はないでしょう。

今回は私が行っている額装についてご紹介していきたいと思います。

 

必要なもの

フレーム

これがないと始まりません

 

作品

同上

 

マット

インターネットでフレームを販売している専門店であればどこでもオーダーできます。

色や素材を選んでフレームサイズと、作品サイズ、穴の位置をオーダーメイドすることが基本ですが、最初から基本サイズでフレームについているものもあります。

開ける穴は実際の印刷した作品のサイズよりも気持ち小さめにしておくと、額装時に位置が設定しやすいですし、誤差で印刷部でないところが見えてしまうといった問題も起きません。

1枚だけのものや、2枚くっついていて間に作品を挟むブックタイプなどあります。

 

アートコーナー、アートテープ

作品をマットに固定するもので、コーナーはその名の通り、マットに作品のコーナーを引っ掛けるポケットをつくるものです。

様々な商品がありますが、私はピタックという上から貼るだけのものを使用しています。

本当はもう少し小さいものがほしいのですが、30mmタイプは入っている枚数が多すぎて使い切れないので、切って使っています。

素材を劣化させない中性紙のものがおすすめです。

created by Rinker
ミューズ(Muse)
¥660 (2021/05/15 19:47:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

フック

フレームは壁にかけても良いし、スタンドを用意して立て掛けても良いと思います。

壁にかける際には、釘やフックにフレームを直セル引っ掛ける方法と紐で引っ掛けるタイプがあります。

このメタルフックWH HHT26Mは上部にフックがついているので、フレームからはみ出ることなくかけられ、壁にぴったりと取り付けられるので愛用しています。

どうしても紐がけだと、若干壁から離れてしまいますからね。。

使用する場合にはフレーム裏にフックが掛かりそうな溝があるか確認をしてください。

紐掛けの場合はこのようなフックを使うと1個だけていいので非常に楽です。

created by Rinker
若井産業(Wakaisangyo)
¥282 (2021/05/15 18:59:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

フレームの選び方

これはもうなんでも正解はありません。笑

部屋にとりあえずマットも使わずに飾るなら100均のものでも良いですし、ハクバやフジカラーの安価で良質なフレームもたくさん売っています。

個人的におすすめなのは、縁の狭いアルミフレームタイプです。そこそこ軽量で作品を邪魔しないシンプルなフレームがいいと思います。

ガラス、アクリルは好みで良いと思いますが、私はせっかくマット紙に印刷しても光沢感がでてしまうので外せるものは外して使っています。(無反射タイプもあるにはありますが、かなり高価です。)

 

そして、展示会などでおなじみなのがニールセンというアメリカのフレーム。(最近買いました)

これは、上記と比べると若干高価なのですが、やはりクオリティがまるで違いますし、写真を邪魔しないシンプルなデザインに特化しているのが素晴らしいと思います。

 

今回はルーニィ247さんで購入しました。

マットのオーダーもビジュアルで確認しながらオーダーでき、カード決済もできますのでニールセンや高品質写真用フレームを購入される方にはおすすめです。

https://www.roonee.jp/

 

作品によっては木製、ナチュラルカラーなんかも柔らかさが出て良いですよね。

フレームはシンプルにいってもよいし、個性を発揮してもよいし、好きに選んでいきましょう。

サイズに関しても収まればいいのでかなり自由なところもありますが、マット込でシミュレーションできるようなサイトもあるのでそれで決めてもいいかもしれませんね。

A4サイズであれば、11x14インチ〜14x17インチ位がちょうど良さそうです。

 

額装の仕方

あえて書く必要はないかもしれませんが、これも自由です。笑

 

まずはマットに作品をあわせて、中央部を決めます。

マスキングテープは本当は使ってはだめです!簡略化のためです。

この画像のように直接作品をテープで貼るのもひとつの方法ですが、これだと剥がすときに作品の台紙を傷つけてしまうので、コーナーを使いましょう。

 

ブックタイプであれば台紙側、1枚タイプであればそのまま裏面で位置を合わせ、コーナーを使って固定してゆきます。

 

このとき余白が少ないとコーナーがつけられませんので、印刷時とマットオーダー時はそのあたりを考慮すると良いと思います。

今回はコーナーをカットしています。

 

 

それと作品として作っているので、せっかくですから裏面にサインや撮影プリント年を書いておくといいですね!

これを行うのと、作品証明書を同時に作って他人に譲ったりすることができるようになります。

 

あとはフレームに収めていくだけです。

 

どうですか、プリント単体よりもぐっときますよね。

 

フレームに収めることで写真作品が完成する

写真作品はプリント単体が本体であり本質ですが、鑑賞するときはほぼ必ずフレームに入れることになりますし、額装することで写真の印象が1段も2段も上のレベルに感じられるようになります。

 

私はですけども、マットが大きければ大きいほどなんか凄そうに見える。

なので、マットで額装を前提に写真を完成させていくことはとても大事なのではないかと思います。

 

これで写真作品の一連の作り方はだいたい網羅できているかなと思いますが、これを販売するのであれば、作品証明も必要ですしエディションみたいなアート作品の考え方も学んでいかなければなりません。

 

そして、販売するにしても、ネットで販売するのかギャラリーの力を借りるのか考えなければいけませんし、そもそも作品が売れるには、コンテストなどで受賞を重ね実績を重ねる必要も自ずと感じてきます。

つまりは写真作品を制作することで、より自身の写真活動を充実させると共に技術・表現力などの向上も自発的に行っていける素晴らしい取り組みなのではないでしょうか。

 

私はどんなに安価でも1枚でも有償で作品を販売できればそれはもうプロといえると思いますし、写真家・写真作家を名乗っても良いんじゃないかと思います。笑

食っていくこと、儲けようなんて思って手を出すものでは絶対にないですけども、ブログの広告収入でサーバー費を捻出するように、ある程度の活動を維持できるだけのコストはまかなえるようになればそれはもう立派な作家だし、作品を買って支援してくださる方へのさらなる貢献の繰り返しなんて最高の写真との向き合い方じゃないかなぁ。

 

SNSで0円でいくらでも触れ合える写真ですが、このようにアート作品としての写真文化も受け継いで、あわよくば多くの方に理解を深めてもらえたら素晴らしいなと思いました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事