2020年ゆくカメラくるカメラ。

こんにちは!前のめり(@maenomelife)です!

2020年も残すところ僅かという事で、今年も1年を振り返ってみたいと思います。

 

2019年はこちらから。

2020年はコロナウィルスの影響により大々的な旅行には行けませんでしたが、ある意味それをバネにみなさん多くの写真機材を購入されたのではないでしょうか。笑

2020年当初に立てた目標は実施が難しくなったものが多くありましたが、今年も充実した写真ライフを送ることができたと思います。

 

それはなぜかといえば、防湿庫を覗くとほぼ全てのレンズが今年買ったものだからです...怖。

記憶と、写真を頼りに思い出と共に振り返って行こうと思います。

 

ちなみに今年の目標は、

カメラとレンズを増やさないで腕を磨く。

現在はカメラ4台。レンズは6本。

今年はよりカメラへの思考を深めていきたいと思います。

だそうです。

 

今年はニコンやBlackmagicも買いましたが、ライカのボディとレンズに絞って抽出してみました。

 

買った機材たちと感想

1月(レンズ1個)

Summarit 50mm f1.5(売却済)

シュナイダーのトロ二エが設計したXenonをベースに改良がなされたレンズ。

私が買ったのは後期型でした。最近人気がうなぎのぼりですよね。

今はより曲率が大きく収差が大きそうなXenonが欲しい今日このごろ。笑

 

2月(ボディ1個、レンズ1個)

Summilux 35mm f1.4 1st M3(この個体は売却済)

俗に言うSummilux 35mm1st。憧れのレンズをついに購入しました。

今年は球面ズミルックスは物凄い高騰っぷりでしたね。

  

Leica M-E(売却済)

2度目の購入。

2019年はフィルムメインで過ごしましたが、なんとなく分かった気になり、買い戻しました。

初デジライカで安価なものをお探しの方には本当におすすめな機種です。

 

3月(レンズ2個)

Summilux 35mm f1.4 1st M3 (2代目)

最初に買ったものは綺麗すぎて使いづらかったので買い替えました。笑

メガネって大きくて結構ぶつかるので、きれいな個体は神経を使います。

海外から気持ちボロい個体をお取り寄せ。

それでも、普通に高いですけどね。笑

今は一番お気に入りのレンズです。

 

Elmar 90mm f4(M)(売却済)

なんとなく買ってみたら流石エルマーだけあってよく写りました。

今はダルマかトリプレットをほしいなと探しています。

 

4,5,6月(購入なし)

コロナのピーク、出産等あり大人しく過ごしたようです。

これくらい健全でありたいですよね。

 

7月(ボディ1個、レンズ3個)

7月は北村写真機店がオープンした月でした。

新宿に大型のカメラ店が並び私達にとっては喜ばしいことです。

 

Leica M9-P

やっぱり採光窓つきのボディはかっこいいですよね。

CCDのライカは現行にはない魅力があります。

 

Hektor 73mm f1.9

欲しくて探していたオールブラックペイントのHektorです。

ガラスもかなり綺麗で、今ではSummilux35mmに次ぐお気に入りのレンズになりました。

このレンズは沼です。

 

VARIO-PRASMA 50mm f1.5

宮崎光学のKino-Plasmatオマージュのレンズです。

ブラックペイントかブルーをずっと探していたところ、このタイミングで出てきたので購入しました。今では一番使用頻度の高いレンズです。

 

Summicron 50mm f2 1st rigid(売却済)

ズミクロン50mmは本当に難しいです。初期のズミクロンはこれで4本目です。

よく写る個体でしたが、愛せませんでした。笑

今は懲りずに100万番台以下のトリウムズミクロンを狙っています。笑

 

8月(ボディ1個、レンズ2本)

Leica M10-D

今のメインボディです。

多分もうこれで上がりだと思います。手に馴染みすぎます。

 

Ultron 35mm f2 ASPHERICAL

Nokton50mm f1.5 ASPHERICAL(売却済)

作例を見ていただければ分かると思うんですけど、めちゃくちゃいいレンズです。

ライカをひと通り使ってようやくコシナの良さがわかるようになってきた気がします。

 

9月(レンズ6本)

Elmarit 28mm f2.8 1st(売却済)

興味本位で買った。反省してます。

元々はNoctilux 50mm f1.2と並ぶくらい人気があったというレンズ。

初代の製造数は3000本程度とレア物で、特に初期ロットのドイツ製が高価です。

良いレンズですが、これは私よりもほしい人が使った方が良いレンズです。笑

 

Summilux 50mm f1.4(売却済)

これも欲しくて買ったのですが、色々と邪念が浮かぶのですぐに売ってしまいました。

もともとはSummaritですからその最も古いXenonや、上位版でf1.2のNoctiluxがいるのでベストではないのかなと。

ただ、また買い戻す可能性もあるのでフィルターとフードだけは手元に残しています。笑

 

Hektor73mm 2本目

まさかの、オールブラック2本目。

出てきてしまったのだからしょうがないよね。

このレンズは今年の初旬に浮かんだ悪巧みを果たすべく、現在修理に出しています。

近いうちにお伝えできると思います。

 

Hektor73mm 3本目(売却済)

そしてまさかまさかの3本目

ブラックxニッケルの回転式です。

流石に3本は多いので、撮り比べて結果が一番中間的だったこの個体は手放しました。

 

Kinoptik Apochromat 50mm f2

買わないと言っていたシネレンズ。

そしてシネレンズの中でも王のような存在。

これはやっぱり手を出さなければよかったです。この世界は知らないほうが幸せですねw

作例は最後の方に。

 

Angexieux Z2 50mm f2.9

Kinoptikを買った勢いでおまけに買ったレンズ。これがフランスレンズかと驚きました。

トリプレットとしては明るいレンズですが、性能は控え目。よく写りますん。笑

おかげで3枚玉に興味が湧いてしまいました。

 

流石にライカレンズを月に6本とか買うのは周一以上のペースになるのでやりすぎだと思います。

売ったレンズも多いので全額支出したわけではないですが、この月だけで200万くらい買ってますね。

レンズトレーダーか。

 

 

10月(レンズ2本)

Elmar 3.5cm f3.5

コーティング品。

とある大物写真家さんにそそのかされて購入したレンズです。

軽いので常に持ち運べて良いんですけど、たまにどこに行ったかわからなくなるレンズ。

 

Switar 50mm f1.8(売却済)

超優秀なレンズ。

断捨離の中で手放しました。笑

 

11月 (レンズ1本)

DallmeyerDALRAC 135mm f4.5

希少レンズです。

元々はReidっていうイギリスのライカコピー用に供給されたレンズでした。

このReid用のレンズはテイラーの2inchと、DALLAC 85mmf2とこれの3種類しかないそうです。

他の2本は超高級品ですが、このレンズだけは使いづらいので格安です。笑

 

12月(レンズ2本)

Hektor 73mm 4本目

まさかまさかまさかの今年4本目。

7000本しかないレンズなのに、市場にはかなり見かけます。みなさんあまり好きじゃないのかもしれないですね。笑

今回は一番よく見るブラックxクロームタイプです。

ものすごくガラスの状態が良かったので、本来の理想形のヘクトールの描写を感じるために買いました。

 

Hektor 50mm f2.5

今月は2本目もヘクトールです。

50mmは初めてです。このレンズも数が少なくて、なかなか良いものに出会えないんですよね。

このレンズは1000個くらいしか作られなかったHektor付きA型から交換式にコンバートされたもののうちの1個で、全回転ロックなしヘリコイドの最もクラシカルな見た目をしています。

年式の割にすごく綺麗で気に入っていますが、何よりこのレンズキャップがレア物らしくこれだけで5万円くらいするそうです。笑

 

2020年を振り返って

こう見てみると、結構チョイスが成熟してきた感じがありますよね(?)

購入した総額も周りの方を見ていたらその方のレンズ1本分くらいにしかならないくらいですが、そういう方達と比べるのはやめておきます。笑

 

上でも書きましたが、今年最も買ってよかったレンズはやはり憧れであったSummilux 35mm 1stですね。

しかしながら、Hektorは合計で5本購入となかなかに偏愛しているようです。笑

 

今年買ったレンズは丁度20本です。割と健全なペースでしょうか...!

ニコン用とか動画用も加味するとこの倍くらいですけどね。笑

 

今年は本当に良いものが出てきた年だったと思います。

外に出られず写真を取れなくなり売却した方、コロナで金銭的に手放した方など色々いらっしゃるかと思いますが、おかげでレアなレンズもたくさん見かけました。

 

本当に気になるレンズはひと通り抑えている感があるので、Kinoptikを買ったあたりからは本当に欲しいレンズも思い浮かばなくなってきたのが正直なところです。

思い残すのはやはりこのレンズですが、流石に手が届きません。

 

今の機材は、おもちゃを除いてカメラが3台とレンズが11本。

10月頃から断捨離で大分手放したのですが、昨年と比べて少し増えてしまいましたね。

 

35mmと75mmはもう固まってきたのですが、最近は50mmのレンズを悩んでいます。

そんな感じでそろそろ機材の上がりも近いのではないかとソワソワしながら2021年を迎えたいと思います。

来年の自分はどんな機材を買っているのか、想像もつきません。笑

 

来年の目標も、去年と変わらず、少数精鋭の機材を揃えたいと思います。

理想としては、レンズは5本以内くらいに収めたいですね。

みなさんの2021年も良きカメラ沼ライフになりますように。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事